▲ TOP

正しい耳栓の装着方法と耳栓チェッカーのご紹介

2019/2/4

耳栓チェッカー

耳栓チェッカー「ベルデ・イヤー・プラグ・チェッカー」は、騒音作業現場における防音対策をとる中で、管理者または作業者個人が簡単に測定しチェックすることが可能です。

耳栓の遮音効果を測ったことがありますか?

耳栓チェッカー「ベルデ・イヤー・プラグ・チェッカー」導入のメリット

耳栓チェッカー「ベルデ・イヤー・プラグ・チェッカー」

騒音による聴力障害を防止するため、耳栓の着用が有効であることはいうまでもありません。しかし、耳栓が正しく装着されて、はじめて、その効果が十分に発揮されます。
そのため、耳栓の遮音効果を調べることが重要です。耳栓チェッカー「ベルデ・イヤー・プラグ・チェッカー」は、作業現場における作業者の耳栓装着効果を測定することにより、耳栓の適正な選択・使用に役立てるとともに、騒音性難聴防止教育の一環として利用していただけます。

製品仕様

耳栓チェッカー「ベルデ・イヤー・プラグ・チェッカー」仕様

正しい耳栓の装着方法

耳栓にはいろいろな形をしたものがありますが、これを外耳道(耳の穴)に挿入する方法は次のようにします。

正しい耳栓の装着方法1
外耳道は一般に上図の様に曲がっております。

正しい耳栓の装着方法2
耳栓を挿入する場合には、例えば右耳に挿入する時は、右手で耳栓の端を持ち、左手を頭上から回して、耳たぶの上部をつまみます。
正しい耳栓の装着方法3
左手でつまんだ耳たぶを軽く上へ引き上げる。外耳道がまっすぐになりますので、耳栓をねじ込む様にして挿入します。

正しい耳栓の装着方法4
耳栓がきちんと挿入された状態。

ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。